便秘の原因、対策、解消

腸内細菌と便秘の関係とは?

人間の腸内には、約100種類、100兆個、重さにして1〜1.5kgもの細菌が、まるで苔がはえているように腸壁にくっつき住みついています。この膨大な数の腸内細菌は、増減しながら、私たちが生きている限り共に生き続け、腸内環境にさまざまな影響を与えていきます。

その中で、特に便秘と下痢に関係の深いものが、ウェルシュ菌とビフィズス菌です。

ウェルシュ菌は有害物質を作り出すので悪玉菌といわれ、ビフィズス菌は有害物質の生成を抑えて分解するので、善玉菌と呼ばれています。

便秘 解消 対策

悪玉菌の代表のウェルシュ菌は、私たちが取り入れた栄養素を腐敗物質(インドール、フェノール、アンモニア、硫化水素、アミンなど)に作りかえてしまいます。これらの物質は、大便やおならの悪臭の元凶で、ウェルシュ菌によって蛋白質が分解されてできた産物です。

便秘で便が出なくなると、ウェルシュ菌は増殖し、腐敗物質を増産する結果、腸内には毒素が蔓延して、過敏性腸症候群を起こしたり、発ガン物質を作るといわれています。

このほか、悪玉菌の代表的なものには、ブドウ球菌や大腸菌などがあります。ビフィズス菌は善玉菌の代表格です。ビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑える働きをし、悪玉菌が作り出す有害物質を分解し、腸内をきれいにします。

悪玉菌は年をとるにつれ増え、逆に善玉菌は減っていきます。健康体であれば、通常善玉菌が優勢で、悪玉菌が劣勢です。このバランスを崩す原因には、ストレス、食事の変化、過労、抗生物質による副作用があります。

常に、この細菌のバランスを保ち、腸内を整えるには、食物繊維の多い食品をとり、ビフィズス菌や乳酸桿菌(善玉菌)を多く含む飲み物やヨーグルトを食べるのも一つの方法です。

また、梅干には、ビフィズス菌を増やす働きがあり、腸の蠕動運動を促す作用があります。また下痢にも良いので、毎日の食生活に取り入れたい食品の一つといえます。

このビフィズス菌には、

・ 病原菌の感染を防ぐ
・ 腸内の腐敗を抑える
・ ビタミンB群を作る
・ 腸の蠕動運動を促し便秘を防ぐ
・ 下痢の予防・治療に効果がある
・ 免疫力を高める
・ 発ガン物質の生成を抑える

等の作用があり、われわれの腸内環境を整えてくれるのです。

関連記事

  1. 便秘とオナラの関係とは?
  2. 腸内細菌のバランスを保ち食物繊維の多い食品をとる
  3. 朝食後の排便が良い理由
  4. ダイエット中の便秘で好ましい食品とは
  5. 宿便は腸管内壁にこびりついた古い食物残渣です
  6. 宿便を避けないといけない理由とは
  7. 健康な人と不健康な人、ウンチに違いはあるの?

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0