便秘の原因、対策、解消

便秘とオナラの関係とは?

便秘中、おならが頻繁にでることがありますが、これは鼓腸(こちょう)という状態です。この状態は腹部にガスが異常に多く存在し、通常、消化管内にガスが貯留しているのです。誰でも、食事や会話をしているときに、ある程度の空気を飲み込んでいます。

また、飲食物にもかなりの空気が含まれています。こうした空気は、まず胃袋に入って、一定の内圧を超えると"げっぷ"として、体外に吐き出されます。ところが、"げっぷ"を我慢すると、空気は腸へと降りていき、小腸で吸収され、血液中に拡散し、そして、呼気となり口から出ていきます。つまり息をハアハア吐くことで、自然に排出されるのです。

便秘 解消 対策

しかし、運動量が少ないと、呼吸量も少ないので、空気を排出しきれず、その空気が大腸へと運ばれて、"おなら"になりやすくなるのです。さらに便秘をしている場合は、ウェルシュ菌などの悪玉の腸内細菌が増えて、腐敗発酵を起こすためによりガスの発生が増えてしまいます。

これを改善するには、運動をたくさんして、口から飲み込んだ空気を呼気として吐き出し、食事と生活習慣を改善して便秘を解消すれば、腸内の悪玉菌の増殖も抑えられ、ガスの発生も抑えられます。

また気になるのは当然ですがあまり神経質になるとかえって症状が深刻化する可能性もあります。この場合は過敏性症候群という診断を受けるケースもあるようです。

例えば体験談として最初はとにかく今まで普通にやってきたこと(人の集まる劇場など)ができないのがすごく大変なこともあり、なんとか治したいと薬や病院回りをする場合など・・・。しかし効果はなかったといいます。

この場合考えることは、この病気は自分の心次第なのではという反省です。ひょっとしたら自分が病気だと忘れているときは症状がおさまっていませんか?あるいは考えすぎるとかえって症状が出たりひどくなったりしませんか?

病気だということを忘れる・・・、これが案外この病気の改善法なのかもしれませんね。しかしそんなことはできないよという方。それでもなるべく気にしないようにするということが大切ですよ。

そうは言っても誰でも最初はなかなかできないかもしれません。例えば人がたくさんいるところに行くときは「この人たちはもう二度と会うことはない」「自分が思っているほど他人は自分をみてない」というふうに考えてはどうでしょう。

すると、それが習慣づいたのか、今はほとんど症状が出ていないという人もいます。とてもできるはずがないと思っていたのが、今は普通に過ごせているといいます。ものは考えようです。試してみる価値はありますね。

関連記事

  1. 腸内細菌と便秘の関係とは?
  2. 腸内細菌のバランスを保ち食物繊維の多い食品をとる
  3. 朝食後の排便が良い理由
  4. ダイエット中の便秘で好ましい食品とは
  5. 宿便は腸管内壁にこびりついた古い食物残渣です
  6. 宿便を避けないといけない理由とは
  7. 健康な人と不健康な人、ウンチに違いはあるの?

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0