便秘の原因、対策、解消

朝食後の排便が良い理由

便秘とは、便が大腸内に長時間にわたって滞留し、排便が順調に行われない状
態です。

通常、胃・結腸反射が、特に朝食後に強く起こります。

よって、せっかく朝食をとっても、トイレに行きそこねて便意を我慢してしまうと、こ
の胃・結腸反射は消えてしまい、便意も消失してしまいます。便意が起きたら必ず
トイレに行って排便するのが良いのです。

そして出来るだけ、排便のリズムを狂わさないよう心がけます。

タイミングが少々ずれても、毎朝だいたい決まった時間にトイレに入るようにすれ
ば、その時間が来ると便意は自然に起こるようになります。

規則正しい排便習慣をつけるためには、ゆったりとした朝食時間とトイレタイムを
十分とれるよう、習慣づけることが大切です。

関連記事

  1. 腸内細菌と便秘の関係とは?
  2. 便秘とオナラの関係とは?
  3. 腸内細菌のバランスを保ち食物繊維の多い食品をとる
  4. ダイエット中の便秘で好ましい食品とは
  5. 宿便は腸管内壁にこびりついた古い食物残渣です
  6. 宿便を避けないといけない理由とは
  7. 健康な人と不健康な人、ウンチに違いはあるの?

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0