便秘の原因、対策、解消

食物繊維には3種類あります

便秘の改善のためには食物繊維が欠かせません。
食物繊維は、保水性に優れており、便をやわらかくし、量を増やすので、老廃物を体外に排出しやすくなります。

食物繊維は大きく分けると3つになります。
このうち、こんにゃくや海藻などに多く含まれる「水に溶ける繊維」は、特に腸内の善玉菌を増やす働きがあります。

また、野菜に多く含まれる「水に溶けない繊維」は、水分を多く吸収して、便を軟らかくし、便の量を増やす働きに優れています。
食物繊維は、種類によって作用が異なるので、いろいろな食品から、多種類の食物繊維を摂ることが大切でしょう。

【食物繊維の種類 】

1・植物性食品

a)水に溶けない繊維
・ 野菜などに含まれるセルロース
・ 穀物などに含まれるヘミセルロース
・ 切り干し大根やごぼうに含まれる不溶性ペクチン
・ ココアや豆類に含まれるリグニン         など

b)水に溶ける繊維
・ 野菜や果物に含まれる可溶性ペクチン
・ こんにゃくなどに含まれるアルギン酸
・ 果物や海藻などに含まれるコラーゲン
・ きのこなどに含まれるグルカン          など


2・動物性食品中の繊維

・ えび、かに、いなごの殻などにふくまれるキチン
・ 軟骨、ふかひれなどに含まれるコンドロイチン   など

もう少し詳しく食物繊維のことをお話しましょう。

☆不溶性食物繊維⇒水に溶けにくい性質で、血圧を下げたり有害物質の排出を助ける働きがあります。
☆水溶性食物繊維⇒水に溶けやすい性質で、水分をたくさん取り込み、脂肪や糖質などを吸着してくれますので、脂肪などが体内へ吸収されるのを調整し、コレステロールの排出を助ける働きがあります。

便秘には不溶性、水溶性両方の食物繊維をもった野菜が有効だと言われています。
たとえば、トマトやりんご、セロリ、玉ねぎなどに両方含まれています。

前に述べたように、動物性の食物繊維もあるので、色々な食品から偏らないように摂取するのが理想的ですね。

関連記事

  1. 食物繊維の必要量はどのくらい?
  2. 便秘を改善する食事の内容の話
  3. 食物繊維と便秘の深い関係

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0