便秘の原因、対策、解消

オリゴ糖の摂取は善玉菌のビフィズス菌を増やす

皆さん、オリゴ糖の働きについてご存知でしょうか?
今、オリゴ糖の働きが注目されているのです。
便秘の方にも注目していただきたい、優れたビフィズス菌のお話を
しましょう。


人間の腸内には約100種類、100兆もの細菌がすんでいます。

この細菌の中には健康に有害な働きをする細菌(有害菌)もいれば、逆に健康の
ために良い働きをする菌(有用菌)もいます。
 
この有用菌の代表格が「ビフィズス菌」です。

ビフィズス菌は、その増殖に伴う代謝産物として有機酸を産生し、その酸が腸の
蠕動を促進します。

またビフィズス菌はビタミンB群を合成し、腸管を通じて皮膚の内部に到達して傷
んだ元気のない細胞に働きかけ、細胞分裂を促す働きもあります。

微量でも腸内ビフィズス菌を増殖させ、善玉菌優勢のバランスの取れた腸内環境
をつくる手助けをしてくれます。

このようにビフィズス菌は大変有用なのですが、オリゴ糖は、口から入るとほとんど
が大腸にまで達し、大腸に住み着いているビフィズス菌のえさとなるのです。

つまり、オリゴ糖が ビフィズス菌をふやす元となるわけす。

具体的にどのように取り入れたいいのでしょうか。

便秘にはバナナを食べると良い という話は誰でもご存知ですね。
実はバナナにはビフィズス菌を増やしてくれるオリゴ糖や、食物繊維がたくさん含まれているんですよ。

最近は、バナナダイエットなんていうのもありました。どこのスーパーにもおいてあり、簡単に手に入り、すぐ食べられる。しかも値段も安いと、まさに良いとこづくめのバナナを利用しない手はありません。

バナナを選ぶ時には、普段食べている完熟の黄色いバナナではなく、少し青っぽいバナナが便秘にはおすすめです。

青っぽいバナナにはオリゴ糖や食物繊維の他にも、「難消化性デンプン」というデンプンが豊富に含まれています。

難消化性デンプンは、胃酸にも強く大腸に運ばれ、大腸にいる善玉菌の
エサになってくれます。

これを食べた善玉菌はパワーアップして増えていきます。
お腹の中で善玉菌が悪玉菌より多い状態になれば、健康な便が自然に出て
くるようになるのです。

バナナだけではなくヨーグルトやキウイなどもいいですね。
便秘解消の相乗効果が期待できます。

朝食にヨーグルトにバナナやキウイを入れて食べたらトリプル効果で
さらに効果的かもしれません。
是非お試しください。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0