便秘の原因、対策、解消

便秘と水分の摂取の仕方

水分を十分とることは快便につながり便秘の予防にもなります。

忙しい毎日をすごして水分不足にならないように、積極的にお茶などをとって水分
補給をしましょう。

朝起きたときにコップ1杯の水を飲むこともおすすめします。腸を刺激してくれて、排
便への合図となるのです。

大腸の機能の中に、水分の吸収作用があります。私たちが、食事などで摂取する
水分量は1日約2Lといわれています。これに、唾液(1L)、胃液(2L)、胆汁(1L)、
膵液(2L)、十二指腸液(1L)等が加わり、約8〜10L/日の水分量が小腸に流入
します。

そして、このうち約80〜90%が小腸で吸収され、約1〜2Lが大腸へ運ばれそのほと
んどが吸収されてしまい、最終的には、1日にたったの100〜200mLのみが排泄さ
れることになります。

少しでも多くの水分量を摂ることにより、この吸収されて残る水分量も増え、便を軟ら
かくすることになります。

水分補給の重要性はわかりましたが、いくつか注意点があります。

特に気をつけたいのは、甘いジュースや清涼飲料水を水かわりに常時飲むことです。適度な飲用は差し支えありませんが、清涼飲料水には糖分が多く、カロリーの高いものが多いので、常用している人は飲み過ぎに注意したほうがいいですね。

水太りを心配するあまり、水分を控えていると、便秘になってしまいます。便秘解消には水分補給か欠かせないことは、今まで述べたとおりです。

スムーズに排便するには、食物繊維とともに水分をたっぷり摂ることが何より重要です。食物繊維が水分を含み、適度にやわらかい便になります。

一般的に1日に必要な水分量は、1.5リットル程度です。気温が高い時や、運動後などは、それ以上に必要になることもあります。

こまめに水分補給したり、食事のときにも意識的にスープやみそ汁などをメニユーに加えるだけでも効果があります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0