便秘の原因、対策、解消

健康な人と不健康な人、ウンチに違いはあるの?

理想的なウンチは腸が健康である時にはじめて出てきます。皆さんご自分のウンチをよ〜く観察したことがありますか?

「いやだ〜」なんて言ってはいけませんヨ。この方法は簡単で最も頼りになる健康診断でもあります。毎日観察して、健康管理のバロメーターにしましょう。

健康な人のウンチは山吹色(明るい黄褐色)です。もし黒ずんでいたら腸の中にいる腸内細菌のうち悪玉菌(ウェルシュ菌など)が優勢になっています。ほとんど真っ黒なウンチは胃や腸のどこかで出血している可能性があります。善玉菌(ビフィズス菌など)が優勢な腸は黄色味がかったウンチになります。

太さ2〜3cmでバナナ状のウンチが2〜3本するする出ると健康なウンチといえるでしょう。

さらに、理想的なウンチはキレが良い(ふん切りがいい)ので、紙が少なくてすみます。便秘の人はウンチの水分量が少ないため硬くなります。ひどい人はウサギのウンチみたいにコロコロしたウンチになり、痔の原因にもなります。また、下痢気味の人は、やわらかくてドロ状だったり、ほとんど水状態だったりします。

「量が多くて」、量の多いウンチをする人は食物繊維をたくさん食べている人です。不溶性食物繊維が便のかさを増し、排便を促進してくれます。野菜、穀類、いも類に多く含まれています。野菜をあまり食べない人はウンチの量が少なくなり、便秘がちになります。

ウンチの臭いも重要です。臭いの良いウンチは腸内で善玉菌が優勢である証拠です。かぐわしい香り、こうばしい香りのウンチです。逆に鼻をつまみたくなるような臭いウンチは悪玉菌がタンパク質を分解したときに発生した有害物質のにおいなのです。

臭いウンチは肉食が多い人に見られ、ウンチだけでなくオナラも顔をそむけたくなるほど臭いにおいがします。

健康はウンチから始まるといっても過言ではありません。じっくり自分のウンチを見るのは臭くて、ちょっと抵抗を感じますが、ウンチチェックを習慣にしてみましょう。

毎日食べたら食べた分だけ排泄されるウンチですが、チェックするポイントがいくつかあります。

先ほど挙げたように、実はウンチもさまざまで奥が深いものなのです。
もう一度おさらいの意味でまとめてみます。

ひとくちにウンチといっても、年齢、食生活などの生活環境によりさまざまです。理想的には排便回数は1日1回。時間帯は朝、色は濃すぎない茶色で、形が崩れない程度の適度な硬さ。ある程度の太さと長さのあるウンチが正常な目安です。まさにウンチは健康のバロメーター。
異常がないか観察して、健康管理に活用してください。。

関連記事

  1. 腸内細菌と便秘の関係とは?
  2. 便秘とオナラの関係とは?
  3. 腸内細菌のバランスを保ち食物繊維の多い食品をとる
  4. 朝食後の排便が良い理由
  5. ダイエット中の便秘で好ましい食品とは
  6. 宿便は腸管内壁にこびりついた古い食物残渣です
  7. 宿便を避けないといけない理由とは

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 健康な人と不健康な人、ウンチに違いはあるの?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/153

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0