便秘の原因、対策、解消

食べ物が体内で消化され排便されるまでの過程

排便の仕組みを簡単に解説しましょう。口から入った食べ物は、胃→小腸→大腸と通過して直腸に到達。この時、便意をもよおし、無事肛門から外へと排泄されます。

女性に便秘はつきものですが、男性より腹筋が弱いことも一因と言われます。便意を我慢したり、不規則な食生活を続けると、便意を起こす感度が鈍り、便秘を起こしやすくなります。

また、食物繊維が不足したり、ダイエットで減食したりすると、便も固く、少なくなって、スムーズに排便できなくなります。 排便を我慢しがちであったり、ダイエットにいそしんだり・・・。生理や妊娠に関係するホルモンが、腸の働きを悪くすることなども、原因になっています。

さて、消化の過程ですが、胃 では、たんぱく質を消化するペプシンという酵素により、たんぱく質が1部分解されます。そして、食物は 十二指腸 に送られ、胆汁や膵液、腸液などの消化酵素によって本格的に消化が始まりまるのです。

次に吸収の過程ですが、食物は小腸を通過する間にほとんど消化が終わり、
吸収されます。
小腸で吸収されずに残った食べ物は、大腸 へと送られていきます。

大腸 では、食べ物の残ったカスにより、たくさんの細菌が繁殖し、
さまざまな代謝産物を作り出し、その一部分が水分と一緒に吸収されます。
ちなみに、 盲腸、結腸、直腸 の三つの部分から構成されるのが大腸です。

いよいよ便となる過程ですが、残った食べ物のカスは、古い腸の粘膜や分泌物、腸内細菌などと一緒に混ざり合って固まり、これが便となります。

最後に排泄の段階ですが、腸の蠕動運動によって腸の壁の筋肉が収縮し,
便がある程度のかさになった時点で、腸の内容物を押し出すように送り出され、便の形となって直腸 を通って 肛門 から排泄されます。


長い道のりを経て、ようやく食べ物は便となるのです。
一般に口から入った食べ物は24〜72時間位で便となって排泄されます。

このシステムがスムーズに機能していれば便秘とは無縁ですが、なぜ
便秘になってしまうんでしょうか。
いくら便がたまっていても、便意が起こらなければ排便につながりません。
便意が起きるというのも大きなポイントです。

便意の起きるのは以下のような場合です。

食べ物が胃に入ると胃が膨張します。
それにより胃から大腸へ信号が送られ、大腸がその刺激で反射的に収縮し、
S状結腸から直腸へ、便を送り出そうとするものです。

便が直腸に送られると、直腸の内圧が高くなり、腸の壁が刺激されて便意を催すというわけです。
便意を察知するとと、大脳から排泄命令が出され、直腸が収縮し、
肛門の括約筋がゆるんで、排便する体勢が整います。

このように、かなり複雑な経路やシステムにより、排便を行っているんですね。
どこかの過程で不具合が生じると便秘がおきるので、そこを改善する必要があります。

関連記事

  1. 便秘のメカニズムと対策について

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 食べ物が体内で消化され排便されるまでの過程

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/149

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0