便秘の原因、対策、解消

便秘のメカニズムと対策について

1.便秘とは・・・

便秘とはどういう状態をいうのでしょうか?

大便がおなかにたまった状態を便秘というわけです。

大便が通じないで滞ったり、便通の回数、または量が異常に減少することも便秘と解釈されているようです。

排便が毎日順調に行われていても、排便の後に便がすっきり出た感じがない時も便秘とみなします。逆に、2〜3日に一回の人でも満足できる排便であり、苦痛を感じなければ便秘ではありません。


---------------------------------------------------------------

2.便秘の種類


便秘はまず大きく分けて2種類に分けられます。

1.機能性便秘
2.器質性便秘


1.「機能性便秘」とは、体内で便が作られる過程や排便機能のメカニズム
そのものの障害で、自律神経が正常に働かないことによって起こる便秘の
ことです。

2.「器質性便秘」とは物理的な原因を意味し、便の流れる通路である消化
管(胃、小腸、大腸、肛門)に物理的な障害(便を通過させない)があること
をさします。

器質的な便秘の場合は病院で診察してもらう方が適しているともいえそうです。

機能的便秘は体内で便が作られる過程を改善する、すなわち自分の食生活や生活習慣などを変えたりすることで解決できそうですね。

さらに機能性便秘には「急性」と「慢性」の2種類があり、ここでよく悩みとしてでる便秘はいわゆる慢性便秘、その中の習慣性便秘のほうでしょう。

習慣性便秘にはさらに3つのタイプに分かれます。

1)弛緩性便秘

2)直腸性便秘

3)ケイレン性便秘といいます。

--------------------------------------------------------------

急性便秘(一過性便秘)

急性型便秘(一過性便秘)は、以下のような事が主な原因です。

一時的なものなので、下記の原因が解決されれば、改善する可能性が高い。

但し、慢性化する可能性があるので注意が必要です。


【急性型便秘(一過性便秘)の原因】

●旅行・就職・ダイエットなどの生活環境の変化から来るストレスによるもの

●寝たきりの状態や運動不足からの腸の運動低下によるもの

●食物繊維が少ない食事や水分の不足によるもの


--------------------------------------------------------------

慢性便秘

1)弛緩性便秘(結腸性便秘)

便秘の多くはこのタイプです。
大腸の緊張がゆるんでいて、蠕動(ぜんどう)運動が弱く、便意を感じなくなっています。虚弱体質、無力体質の人に多くみられます。

高齢者、内臓下垂の人、病気の後で体力が低下した場合になりやすいです。

2)直腸性便秘

便が直腸に達しても便意が起きず、蠕動運動が始まらない場合をいいます。

忙しくてトイレに行かず、我慢をしたり、痔で排便を抑える、また浣腸を繰り返して年老いて神経が鈍くなったりするとこれにかかります。

特徴としては太くて硬い便で、切れ痔を起こすことがあります。
  
3)痙攣(ケイレン)性便秘

大腸の運動が強すぎ、ケイレンを起こし、便の通過を妨げて便秘になるタイプです。

大腸過敏症のタイプ、また精神的ストレス、自律神経失調症が原因でなりやすいです。

特徴としては便意は強いが排便困難、腹痛、腹がゴロゴロ鳴ったり、腹が張ったりします。便はウサギの糞状の細いものです。

---------------------------------------------------------------

器質性便秘

「器質性便秘」とは物理的な原因を意味し、便の流れる通路である消化管(胃、小腸、大腸、肛門)に物理的な障害(便を通過させない)があり便の通りが妨げられるために起こります。

器質的な便秘の場合は病院で診察してもらう方が適しているともいえそうです。

女性の場合は、子宮筋腫や卵巣嚢腫なども腸管を圧迫して便秘をおこすケースもあります。

---------------------------------------------------------------

便秘の原因

1.食べる量が少ないおよび水分不足

小食でも便秘を起こします。ダイエットしている女性はご注意を。また水分をとらないと便が硬くなり便秘となりやすくなります。

2.食物繊維不足

食物繊維は腸で消化されず、便として排泄されます。繊維は便の量を増やし腸の刺激と、スムーズな排便を促します。また、繊維は腸内細菌の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。

3.がまんすると便秘に

我慢すると便意が消えて便秘習慣がつくので、便意が起きた時はすぐトイレへいく。

4.精神的ストレス

ストレスは自律神経のバランスを崩し、けいれん性便秘を起こしやすい。

5.運動不足

運動不足のために腸の運動が低下する事により便秘の原因となります。
腸の動きは運動などで活発化します。
また、特に運動不足から腹筋の力が弱くなると便秘になりやすくなります。

6.病気

病気で寝たきりになると、腸の運動が弱まる。

---------------------------------------------------------------

便秘の解消法

★排便の習慣をつける

きちんと朝食を摂って、必ずトイレに行く習慣をつけましょう!
朝食を摂る事によって、胃や腸が動き出し、便意が起こります。便意がなくても、4、5分はトイレで頑張りましょう。

根気よく続ければ、規則的な排便のリズムが生まれ、
便意が起こるようになります。

★朝起きてすぐに水分補給する

起きたらコップ1杯の冷たい水か牛乳を飲むと、腸が活発に動き始めます。
しばらくしてお腹に張りを感じたらトイレで踏ん張ってみましょう!

★食物繊維を補給する

便秘の解消に効果的だといわれる「食物繊維」も便秘のタイプごとに
摂り方を変えた方が効果的です。
 
食物繊維とは、人の消化酵素で消化できない物の事を言い、
水に溶けにくいタイプ【不溶性食物繊維】と水に溶けるタイプ【水溶性食物繊維】に分けられます。

詳しくは、『食物繊維の種類』を参照下さい!

★適度な運動を行う

運動する事で血液の循環が良くなって腸の動きが活発化します。
また、ストレス解消にもなるので、便秘になりにくくなります。

★お腹のマッサージを行う

お腹をマッサージすると、大腸への刺激となって蠕動(ぜんどう)運動が促されます。
お腹が張っている様に感じた時や、就寝時などにすると効果的です。
お腹をマッサージする時は、おへそを中心にして、時計回りで行いましょう!

--------------------------------------------------------------

食物繊維の種類

食物繊維には、大きく分けて2種類のものがあります。

★不溶性食物繊維

繊維質で水に溶けにくく、腸のお掃除をしてくれます。老廃物を取り込み、便の量を増やすことでぜん動運動を起こし、スムーズな排便をうながしてくれます。

また発ガン性物質などの、腸内の有害物質を体外へ排出させる働きを持っています。

ごぼう、にんじん、セロリなどの野菜、はと麦、玄米などの穀類、さつまいもなどの芋類・大豆、小豆などの豆類に含まれています。

★水溶性食物繊維

ぬるぬるとした粘性があり、小腸での吸収速度を緩やかにしてくれます。

さらに腸内のコレステロールを包み込んで、排泄してくれます。

また血糖値や血圧の急な上昇を抑える効果もあります。海藻類、こんにゃく、りんご、いちごなどの果物、ココアなどに含まれています。

弛緩性便秘(結腸性便秘)や直腸性便秘には、上記2種類の食物繊維を上手く組み合わせると効果的だと言われています。但し、食物繊維は、過剰にとってしまうと下痢の症状を引き起こしますので注意しましょう!

また痙攣(ケイレン)性便秘の場合は、腸を刺激する不溶性の食物繊維は、避けた方が良いでしょう。

繊維の少ない、消化の良いものを摂り、腸の刺激を少なくする事が大切です。

関連記事

  1. 食べ物が体内で消化され排便されるまでの過程

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 便秘のメカニズムと対策について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/148

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0