便秘の原因、対策、解消

便秘関連トピックス

腸内細菌と便秘の関係とは?

人間の腸内には、約100種類、100兆個、重さにして1〜1.5kgもの細菌が、まるで苔がはえているように腸壁にくっつき住みついています。この膨大な数の腸内細菌は、増減しながら、私たちが生きている限り共に生き続け、腸内環境にさまざまな影響を与えていきます。

その中で、特に便秘と下痢に関係の深いものが、ウェルシュ菌とビフィズス菌です。

ウェルシュ菌は有害物質を作り出すので悪玉菌といわれ、ビフィズス菌は有害物質の生成を抑えて分解するので、善玉菌と呼ばれています。

便秘 解消 対策

悪玉菌の代表のウェルシュ菌は、私たちが取り入れた栄養素を腐敗物質(インドール、フェノール、アンモニア、硫化水素、アミンなど)に作りかえてしまいます。これらの物質は、大便やおならの悪臭の元凶で、ウェルシュ菌によって蛋白質が分解されてできた産物です。

便秘で便が出なくなると、ウェルシュ菌は増殖し、腐敗物質を増産する結果、腸内には毒素が蔓延して、過敏性腸症候群を起こしたり、発ガン物質を作るといわれています。

このほか、悪玉菌の代表的なものには、ブドウ球菌や大腸菌などがあります。ビフィズス菌は善玉菌の代表格です。ビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑える働きをし、悪玉菌が作り出す有害物質を分解し、腸内をきれいにします。

悪玉菌は年をとるにつれ増え、逆に善玉菌は減っていきます。健康体であれば、通常善玉菌が優勢で、悪玉菌が劣勢です。このバランスを崩す原因には、ストレス、食事の変化、過労、抗生物質による副作用があります。

常に、この細菌のバランスを保ち、腸内を整えるには、食物繊維の多い食品をとり、ビフィズス菌や乳酸桿菌(善玉菌)を多く含む飲み物やヨーグルトを食べるのも一つの方法です。

また、梅干には、ビフィズス菌を増やす働きがあり、腸の蠕動運動を促す作用があります。また下痢にも良いので、毎日の食生活に取り入れたい食品の一つといえます。

このビフィズス菌には、

・ 病原菌の感染を防ぐ
・ 腸内の腐敗を抑える
・ ビタミンB群を作る
・ 腸の蠕動運動を促し便秘を防ぐ
・ 下痢の予防・治療に効果がある
・ 免疫力を高める
・ 発ガン物質の生成を抑える

等の作用があり、われわれの腸内環境を整えてくれるのです。


便秘とオナラの関係とは?

便秘中、おならが頻繁にでることがありますが、これは鼓腸(こちょう)という状態です。この状態は腹部にガスが異常に多く存在し、通常、消化管内にガスが貯留しているのです。誰でも、食事や会話をしているときに、ある程度の空気を飲み込んでいます。

また、飲食物にもかなりの空気が含まれています。こうした空気は、まず胃袋に入って、一定の内圧を超えると"げっぷ"として、体外に吐き出されます。ところが、"げっぷ"を我慢すると、空気は腸へと降りていき、小腸で吸収され、血液中に拡散し、そして、呼気となり口から出ていきます。つまり息をハアハア吐くことで、自然に排出されるのです。

便秘 解消 対策

しかし、運動量が少ないと、呼吸量も少ないので、空気を排出しきれず、その空気が大腸へと運ばれて、"おなら"になりやすくなるのです。さらに便秘をしている場合は、ウェルシュ菌などの悪玉の腸内細菌が増えて、腐敗発酵を起こすためによりガスの発生が増えてしまいます。

これを改善するには、運動をたくさんして、口から飲み込んだ空気を呼気として吐き出し、食事と生活習慣を改善して便秘を解消すれば、腸内の悪玉菌の増殖も抑えられ、ガスの発生も抑えられます。

また気になるのは当然ですがあまり神経質になるとかえって症状が深刻化する可能性もあります。この場合は過敏性症候群という診断を受けるケースもあるようです。

例えば体験談として最初はとにかく今まで普通にやってきたこと(人の集まる劇場など)ができないのがすごく大変なこともあり、なんとか治したいと薬や病院回りをする場合など・・・。しかし効果はなかったといいます。

この場合考えることは、この病気は自分の心次第なのではという反省です。ひょっとしたら自分が病気だと忘れているときは症状がおさまっていませんか?あるいは考えすぎるとかえって症状が出たりひどくなったりしませんか?

病気だということを忘れる・・・、これが案外この病気の改善法なのかもしれませんね。しかしそんなことはできないよという方。それでもなるべく気にしないようにするということが大切ですよ。

そうは言っても誰でも最初はなかなかできないかもしれません。例えば人がたくさんいるところに行くときは「この人たちはもう二度と会うことはない」「自分が思っているほど他人は自分をみてない」というふうに考えてはどうでしょう。

すると、それが習慣づいたのか、今はほとんど症状が出ていないという人もいます。とてもできるはずがないと思っていたのが、今は普通に過ごせているといいます。ものは考えようです。試してみる価値はありますね。


腸内細菌のバランスを保ち食物繊維の多い食品をとる

ビフィズス菌は善玉菌の代表格です。ビフィズス菌には、悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。
悪玉菌は年をとるにつれ増え、逆に善玉菌は減っていきます。
健康体であれば、通常善玉菌が優勢で、悪玉菌が劣勢です。

このバランスを崩す原因には、ストレス、食事の変化、過労、抗生物質による副作用があります。

常に、この細菌のバランスを保ち、腸内を整えるには、食物繊維の多い食品をとり、ビフィズス菌や乳酸桿菌(善玉菌)を多く含む飲み物やヨーグルトを食べるのも一つの方法です。

また、梅干には、ビフィズス菌を増やす働きがあり、腸の蠕動運動を促す作用があります。また下痢にも良いので、毎日の食生活に取り入れたい食品の一つといえます。

◆善玉菌の代表のビフィズス菌

ビフィズス菌は善玉菌の代表格です。ビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑える働きをし、悪玉菌が作り出す有害物質を分解し、腸内をきれいにします。

このビフィズス菌には、

・ 病原菌の感染を防ぐ
・ 腸内の腐敗を抑える
・ ビタミンB群を作る
・ 腸の蠕動運動を促し便秘を防ぐ
・ 下痢の予防・治療に効果がある
・ 免疫力を高める
・ 発ガン物質の生成を抑える

等の作用があり、われわれの腸内環境を整えてくれるのです。


◆悪玉菌の代表のウェルシュ菌

ウェルシュ菌は、私たちが取り入れた栄養素を腐敗物質(インドール、フェノール、アンモニア、硫化水素、アミンなど)に作りかえてしまいます。

これらの物質は、大便やおならの悪臭の元凶で、ウェルシュ菌によって蛋白質が分解されてできた産物です。

便秘で便が出なくなると、ウェルシュ菌は増殖し、腐敗物質を増産する結果、腸内には毒素が蔓延して、過敏性腸症候群を起こしたり、発ガン物質を作るといわれています。このほか、悪玉菌の代表的なものには、ブドウ球菌や大腸菌などがあります。


朝食後の排便が良い理由

便秘とは、便が大腸内に長時間にわたって滞留し、排便が順調に行われない状
態です。

通常、胃・結腸反射が、特に朝食後に強く起こります。

よって、せっかく朝食をとっても、トイレに行きそこねて便意を我慢してしまうと、こ
の胃・結腸反射は消えてしまい、便意も消失してしまいます。便意が起きたら必ず
トイレに行って排便するのが良いのです。

そして出来るだけ、排便のリズムを狂わさないよう心がけます。

タイミングが少々ずれても、毎朝だいたい決まった時間にトイレに入るようにすれ
ば、その時間が来ると便意は自然に起こるようになります。

規則正しい排便習慣をつけるためには、ゆったりとした朝食時間とトイレタイムを
十分とれるよう、習慣づけることが大切です。


ダイエット中の便秘で好ましい食品とは

ダイエット中は、食生活のほとんどが野菜サラダ、パン・めん類が主で、中にはお菓子や清涼飲料水だけですませている人も多いようです。

食べる量は、普通の人に比べ極端に少なくなり、栄養面でも問題が多くでてきます。
このような食生活を続けていれば、便の材料となる食物のカスも不足し、便秘もますますひどくなってしまいます。

このような症状に陥った人たちによい食品として、おから、こんにゃく、寒天があります。

おからの原料となる大豆は栄養的に申し分のない食べ物であり、食物繊維も多く含んでいます。おからは、豆腐を作るときのしぼりカスですから、繊維を多く含み、かつ低カロリーであり大変適してます。

イモ類には繊維質が多いことは良く知られており、その中でもこんにゃくは97%が水分で、それ以外はほとんど繊維であり、しかもノンカロリーです。

寒天においては、全食品中最も繊維質の含有量が多い食品であり、ノンカロリーです。

ダイエットをする場合、このような低カロリーで、かつ繊維質を多く含む食品を上手に取するよう心がけるようにしましょう。


宿便は腸管内壁にこびりついた古い食物残渣です

宿便は”腸管内壁にこびりついた古い便”というように考えることに異論もあるよ
うです。

実際、人間で、大腸の内視鏡検査を行っても、そんなこびりついたような便は、
見当たりません。食べた食餌は、腸管内をトコロテン式に食べた順番で押し出さ
れて、大便になるのではありません。

腸管内では、前に食べた食餌が、古い食物残渣として停滞したり逆流していると
ころに、後に食べた食餌が合流します。そうすると、特に、拡張した腸管内に、前
に食べた食餌がある程度の量、古い食物残渣として残ります。

これが、宿便の正体だと、思われます。

特に、上行結腸では、逆蠕動が起きるので、古い食物残渣が、宿便として溜まり
易いと考えられます。

古い食物残渣が腸管内で停滞すれば、ウェルシュ菌などにより発癌物質が生じ
る危険があります。

食べた肉のアミンは、腸管内でウエルシュ菌により、発癌作用のあるニトロソアミン
に、変化します。

また、脂肪分解のために分泌される胆汁酸が、ウエルシュ菌により二次胆汁酸に
変わり、腸粘膜を障害します。

大腸癌は、このウエルシュ菌により生成されるニトロソミン(主犯)が、二次胆汁
酸(共犯)により障害された腸粘膜を発癌させるのが原因と、考えられています。

便秘は、大腸癌の危険因子です。

また、古い食物残渣が腸管内で停滞し、腐敗して生じた有害な物質が体内に吸
収される危険があります。「宿便は万病のもと」と言われるのも、納得がいきます。

「宿便」を出すには、大腸の内視鏡検査の時に行う前処置のように、下剤と腸
洗浄剤で、下痢として出すのが、手っ取り早いと思われます。

少しわかりやすく整理してみましょう。

食物のかすは長い年月をかけて腸壁にこびりつき、宿便となってしまうのです。たとえて言うと煙突のススのような感じですね。
これはヘドロ状の便で、放っておくと排出されずたまっていきます。

原因は色々ありますが、近年の肉中心の食事や脂と糖類過多。カルシウム、繊維の不足。また運動不足という生活が、腸内の悪玉菌を繁殖させた結果、腸の動きが弱まり、善玉菌を追い出して宿便がたまりやすい体質になってしまったのです。

宿便は万病の元でもあります。
宿便が増えると、腸内で毒素が発生し、食べ物の消化吸収を妨げ、血液を汚し、結果としていろいろな病気を引き起こすからです。


宿便を避けないといけない理由とは

宿便というものがあります。宿便があるとなぜいけないのでしょうか?

この宿便は小腸や大腸の内壁にへばりついていて、なかなかはがれてくれません。健康で毎日快便のある人でもほとんどはこの宿便を抱えており、多い人は4kgにもなります。

宿便があると腸の蠕動運動が弱くなり、消化吸収が悪くなるとともに、便を押し出す力も弱くなります。さらに宿便は長い間腸内にとどまるため、腐敗してしまい毒素を出し始めます。

この毒素が吸収され血液に乗って体中をめぐり、色々な悪さをします。肌荒れや吹き出物はこの毒素が血液によって皮膚まで運ばれ汗腺・皮脂腺から汗として排泄されるときにできます。

また、肝臓へたどり着いた毒素は肝機能を低下させます。肝機能のアミノ酸・タンパク質・脂肪の合成分解やアルコールをはじめとする有害物質の無毒化といった機能が低下してしまいます。

宿便がいかに体に悪いかを、もう少し詳しく見てみましょう。

改めて「宿便」 とは何かというと、体内に停滞した古い便のことで、多い人だと 4kg もあるものです。

腸の内壁に付着したり、大腸のひだに入り込んだ古便は腐敗・悪臭がひどく、ガスを発生させ、下腹の不快をもたらします。

健康をむしばむ毒素のなかでも、最大のものはは大腸から発生するものです。
これは並大抵の毒ではなく。猛毒といえます。
一般に、尿を飲んでも死ぬことは無いないが、大便を食べたら一日で死ぬ。と言われ 私達は、体内に猛毒を抱えているようなものです。

大便1グラムには、 約1,000億個もの細菌 がいると考えられます。
大便のおよそ3分の1は、 ばい菌 とも言えます。
大便の中のばい菌、つまり毒素が、大腸で水とともに吸収され、直接血液に侵入します。

まさに宿便は万病のもとで、大腸にヘドロ状の宿便を抱えていると思うだけで健康に悪そうです。。

大腸に宿便を溜め込んだままで、腐敗毒素が血液に流れ込むのを放置した状態では、たとえどんなに健康に気を使って追いつきません。
宿便を溜めないためには、食物カスが大腸にとどまる時間は短いほど良いというわけです。

昔から、体が弱っている時は、まず便を下すのが常法。
腸内環境が整えば治癒力、蘇生力が湧き、たいていの慢性病も治りが早まります。まずスッキリと古便(宿便)を排出することが大切です。

健康の上では、24時間で排泄するのが良いとされていますが、少なくとも口から入った食物の内90%以上が24時間〜48時間位で便として排泄されるというのが理想です。

これは、単に毎日排便があるというだけではなく、体内に残留する便、いわゆる宿便のようなものがなく、新たに口から入ってきたものと、消化済みのカスとが、きちっと循環していくことです。


健康な人と不健康な人、ウンチに違いはあるの?

理想的なウンチは腸が健康である時にはじめて出てきます。皆さんご自分のウンチをよ〜く観察したことがありますか?

「いやだ〜」なんて言ってはいけませんヨ。この方法は簡単で最も頼りになる健康診断でもあります。毎日観察して、健康管理のバロメーターにしましょう。

健康な人のウンチは山吹色(明るい黄褐色)です。もし黒ずんでいたら腸の中にいる腸内細菌のうち悪玉菌(ウェルシュ菌など)が優勢になっています。ほとんど真っ黒なウンチは胃や腸のどこかで出血している可能性があります。善玉菌(ビフィズス菌など)が優勢な腸は黄色味がかったウンチになります。

太さ2〜3cmでバナナ状のウンチが2〜3本するする出ると健康なウンチといえるでしょう。

さらに、理想的なウンチはキレが良い(ふん切りがいい)ので、紙が少なくてすみます。便秘の人はウンチの水分量が少ないため硬くなります。ひどい人はウサギのウンチみたいにコロコロしたウンチになり、痔の原因にもなります。また、下痢気味の人は、やわらかくてドロ状だったり、ほとんど水状態だったりします。

「量が多くて」、量の多いウンチをする人は食物繊維をたくさん食べている人です。不溶性食物繊維が便のかさを増し、排便を促進してくれます。野菜、穀類、いも類に多く含まれています。野菜をあまり食べない人はウンチの量が少なくなり、便秘がちになります。

ウンチの臭いも重要です。臭いの良いウンチは腸内で善玉菌が優勢である証拠です。かぐわしい香り、こうばしい香りのウンチです。逆に鼻をつまみたくなるような臭いウンチは悪玉菌がタンパク質を分解したときに発生した有害物質のにおいなのです。

臭いウンチは肉食が多い人に見られ、ウンチだけでなくオナラも顔をそむけたくなるほど臭いにおいがします。

健康はウンチから始まるといっても過言ではありません。じっくり自分のウンチを見るのは臭くて、ちょっと抵抗を感じますが、ウンチチェックを習慣にしてみましょう。

毎日食べたら食べた分だけ排泄されるウンチですが、チェックするポイントがいくつかあります。

先ほど挙げたように、実はウンチもさまざまで奥が深いものなのです。
もう一度おさらいの意味でまとめてみます。

ひとくちにウンチといっても、年齢、食生活などの生活環境によりさまざまです。理想的には排便回数は1日1回。時間帯は朝、色は濃すぎない茶色で、形が崩れない程度の適度な硬さ。ある程度の太さと長さのあるウンチが正常な目安です。まさにウンチは健康のバロメーター。
異常がないか観察して、健康管理に活用してください。。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0